Glass Studio Calore

ガラスにぬくもりを吹き込む、京都亀岡の工房。

京都府亀岡市は自然豊かなところで、周辺は山地に囲まれ、中央に大堰川・保津川が流れています。私たちのインク瓶を作ってくださる職人を探して行き着いたのが、この亀岡の地でご夫婦でガラス工房を営まわれているGlass Studio Caloreさんです。

 

・Glass Studio Calore
松本 大督
京都府出身。大阪デザイナー専門学校のガラス工芸コース卒業後、1999年よりガラス制作に携わる。箱根CRAFT HOUSEガラス工房 副工場長、伊豆CRAFT HOUSE 工場長などを経て、2015年よりGlass Studio Caloreを設立。

 松本 純子
新潟県三条市出身。ご自身の実家も金属加工業を経営されており、幼い頃からものづくりが身近に。明星大学造形芸術学科卒業後、研究科を経て京都のガラス工房に従事。制作活動後、大輔さんとともにGlass Studio Caloreを設立。


人や木、土にぬくもりがあるように、ガラスにもぬくもりがある。

Caloreとはイタリア語で「ぬくもり」という意味。清涼感・冷たさをガラスに感じる方は多いですが、松本さんはガラスにも「ぬくもり」があることを伝えたいといいます。手に取った人にどうぬくもりを感じていただくか。色や形、厚みを工夫して、制作過程で作品がもつ温度感を調整していく。日常使いの器が得意で、作品は主にギャラリーに納められているそうです。

 

物が作れるというのは、頼まれた仕事を技術的な理由で断らないこと。

20年以上ガラス制作に携わっている松本さんは、吹きガラスの範囲であれば、全般的に何でも作れるようになるのがモットー。得意な日常使いの器は、自宅で緊張しないで使ってもらえるのが難しいところでもあり、面白さでもあるそう。買っていただいたお客様に「毎日使ってます」と言われたときが一番嬉しいと、笑顔で話してくれました。

 ゆっくり自分たちの歩幅でものづくりができる、亀岡の地。

工房を構える亀岡への思いを聞いてみたところ、「のんびりしているところが、自分たちの作風に合っている」とのこと。亀岡でのものづくりを通して、この土地のことを他府県の方にも知ってもらえるきっかになれば、とも。自分たちのペースで仕事をしていきたいという思いをかなえる土地のようです。

毎日に使ってもらえるために、丈夫に作る。

工房で使うガラスは準クリスタルとよばれるもの。毎日使ってもらえるように、良い素材で丈夫に作ることを大切にされています。使い手にとっては飾っておきたいような作品も、気軽にどんどん使ってほしいそう。吹きガラス体験は地元でも大人気。ご予約などはホームページをチェックしてみて。

 

取材後記

ぬくもりを大切にされているお二人だけあって、人柄もとても温かいご夫婦。お互いに一緒に制作して良い点を伺うと、「透明ガラスの機能美が分かるようになった(大輔さん)」「デザイン重視の自由さが楽しい(純子さん)」と、それぞれの作風が良い影響を与えあっている印象を受けました。

Glass Studio Calore
https://www.calore-glass.com/
〒621-0005 京都府亀岡市保津町上大年49-1
mail:calore@helen.ocn.ne.jp
   calore.glass@gmail.com
Tel:0771-56-8681
Fax: 0771-56-8681

Language
Japanese
Open drop down