広がる手書きの楽しみ

TAG STATIONERYは京都に創業した文具店から生まれた文具・雑貨メーカーです。

デジタルが普及する昨今、従来の役割の幅を狭めつつある文房具。その昔、文具店の始まりは「筆屋」と呼ばれていました。私たちは、”手書き”のシンプルな道具に立ち返り、手から生まれる素朴なインスピレーションを大切にしたいと考えています。

【TAG】付け札や付箋のように目印として日々の営みに寄り添う存在でありたいという気持ちを表現しています。

ペンとインクの多様性

ペン先からインクが流れ、紙を染めていく。「書く」という単純な行いですが、道具の組み合わせで全く違う趣きがあります。様々な用途や特性のペンに、色とりどりのインク、性質の違うバラエティに富んだ筆記用紙。そこには自分だけのお気に入りの組み合わせを見つける楽しさがあります。

素朴な物理現象

「さらさら」「かりかり」ペン先と用紙が擦れる具合、「ぬらぬら」「つるつる」インクがニブを通りペン先に流れ込む。雑音と捉えられてしまいがちな、アナログならではの感覚は、決してデジタルで置き換えることはできません。

ちょうど良い範囲で

ものづくりにおいて、日々愛用でき、飽きの来ないデザインをコンセプトにしています。出来る限り京都近郊の職人や工房にご協力いただき、無理のない中量生産をしています。

BRAND / 運営ブランド

×